結婚をしない人がかなり増えています

昔は結婚をしない人は少なく一生独身の人は珍しかったです。
しかし今は結婚しない人が増えており、一生独身と言う人がかなりいます。
これは自由恋愛で結婚しようと考える人が増えたことが原因ではないかと思われます。
以前は見合いと言う物があり、ある程度の年齢になると見合いの話があり、最終的に見合いで結婚する人が多かったです。
見合いのいい点は収入や性格を判断してそれに見合った人同士が結婚する場合が多いので、二人の釣り合いがとれいる関係で離婚率が低かったことです。
しかし恋愛で結婚をする傾向が強まってから、後先のことを考えずに結婚するようになり離婚率が高くなりました。
そしていつしか見合いと言う物自体が廃り、恋愛で結婚する人が主流になってから、未婚率が高まったわけです。
今では見合いの代わりに結婚相談所に頼る人が増えていますが、昔の見合いに比べると成立する件数がかなり低いです。
しかし恋愛が出来ない人は結婚相談所を利用するのが一番結婚への可能性が高まる方法ではないかと考えられます。